ホーム>ブログ

Search this blog.
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
Category Tags
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Others
view as one | list | cloud

金魚鉢と大きな壷・・・活躍中!

部屋の乾燥でお困りのあなたにお薦めします。
ただいまガラスの金魚鉢活躍中!
とてもかわいい年代モノ(15年ほど前)の金魚鉢、金魚すくいの小さな魚用。
暖房を入れてから、なみなみと入れた水が、気がついいたら空っぽです。
夏場の出番はとんとないのですが、我が家ではこの時期大活躍です。

SANY0416.jpg

もうひとつ、お花の時期にはなくてはならない大きな壷とか花器。
こちらも水をいっぱいに張って乾燥しすぎる部屋の隅にあちこち置いて活躍中。安定しているので少々蹴飛ばしてもひっくり返らず加湿器いらず、風邪しらずです。是非お試しください。
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

3月のギャラリー作品展のお知らせ!

雪まつりも終わっていよいよ札幌の美しい春が待たれます!

☆「 たくさんのCUP&カップ展 」
3月2日(月)~14日(土) 
粋ふようshop常設作家さんと初めての出会いの作家さんの作品 約200点・・・今回はカップをキーワードに展示いたします。 あなたのお気に入りのカップがきっと見つかります。ご来店お待ちしております。


 《 出展作家 》 
○アトリエ陶楽 ケンタロウ ○しろくま陶遊舎 
○高橋 里美 ○陶工房 晴 ○陶房 呑器 
○陶房天藍 小松美智子 ○ななかまど裕陶房 
○なごみず 水戸 美鈴 ○花もん 久手川利之 
○馬渡 新平


☆アトリエ陶楽 ケンタロウさん、陶房天藍 小松美智子さん、なごみず 水戸 美鈴さんが今回初めて「ギャラリー粋ふよう」の企画展に参加していただきます。
☆しろくま陶遊舎さん、高橋 里美さんはひさしぶりの展示になります。
どの作品もステキで個性的なカップばかりです。 ズラリと並んだところを是非お楽しみください。
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

遠いアフリカ・ジンバヴェから嬉しい報告!

元気が出るような、こんな嬉しいニュースが届きました。久しぶりにジャナグルのホームページを見て、「よかった~」と感激。

ジンバヴェといえば・・ハイパーインフレとすべての物不足。
大統領選後の期待とは裏腹にいまだにポスト争いで国民の為の政治などまったく始まらないというニュースばかりです。

粋ふようでもおなじみの小樽出身の高橋朋子さんが中心となって進めているプロジェクト、ジャナグルアートセンターの活動にやっとめどと弾みがつくことでしょう!
ジャナグルジュニアバンドのコンサートの実現が楽しみです。

(抜粋)
☆《1月26日、ジンバブエの日本大使館から、ジャナグルアートセンターが ”草の根文化無償資金協力”に採択されたという連絡がありました。》

☆《1ドルも無駄にすることなく、ジンバブエの人たちが伝統音楽やダンスを学び、文化を知り、伝え、記録し、現代楽器を演奏し、コンサートをし、他国と交流し(日本からのツアーも)、楽しみ、より深く生きるための教育に使わせていただきます。》

詳細はホームページでご覧ください。http://jenaguru.blog57.fc2.com/



コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

『 イタリア病 』は当分楽しめそうです・・

○ポンペイ遺跡・・・西暦79年のヴェスピオ山の噴火により一夜にして埋まった古代都市。前日の夜、ホテルのお土産屋のおじさんが「明日はどこに行くのか?」「ポンペイです」というと、「あそこはラスベガスとだよ」と教えてくれました。なるほど、とてもわかりやすい説明です。昔のローマの人々が、娯楽や休養を求めて出かけた街。2000年前の街とは思えません。

DSC_2378.jpg DSC_2386.jpg
・富士山のような形をしていたとか、吹き飛んだ部分が街を埋めてしまったのですね。
DSC_2402.jpg  DSC_2404.jpg
・この額縁の中には花や虫や動物の浮き彫りがびっしり、この技術がカメオの由来だそうです。
DSC_2430.jpg DSC_2423.jpg
・壁画のきれいな色や風呂全体を覆う絵が見事です。
DSC_2424.jpg DSC_2412.jpg

これで楽しい旅も終わりました。(これからは、あと付けの知識を求める旅を楽しみたい・・トランクに詰め込んできた重たい図録で)
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

『 イタリア病 』は当分楽しめそうです・・

○ピサ・・・中世に海運都市として栄えた都市,現在の海岸線はずっと遠くなっている。1173着工のピサの斜塔。

SANY0181.jpg 24pisa4.jpg
・斜塔からの景色。300段ほどの階段を上った頂上は結構怖い、しかし景色は美しい。
25pisa5.jpg SANY0188.jpg

36pisa16.jpg 31pmisa11.jpg 
・手前から洗礼堂、大聖堂、斜塔。
32pisa12.jpg 33pisa13.jpg
・内部は大きくてなかなか目でとらえられないのですが、ここは写真の威力です。
・冬の1月は少し寒いのを我慢すると観光客がすくなく、待ち時間が短くてゆっくり観光ができる。
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147

このページの先頭へ

/管理者ページ/記事を書く/ログアウト