ホーム>ブログ

Search this blog.
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Category Tags
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Others
view as one | list | cloud

「第2回 粋ふよう賞展」オープニングパーティ

初日6時から 表彰式&オープニングパーティ
和やかに楽しく語らい、情報・技法の交換会になりました。
自分と違う絵の前でそれぞれの作者がお互いに質疑応答?でしょうか。
とても楽しそうにあっという間の2時間でした。
きっと来年もまたすばらしい絵で「粋ふよう賞」に挑戦してくれることを願っています。


SANY0070.jpg SANY0071.jpg
SANY0073.jpg SANY0068.jpg
SANY0076.jpg

コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

「第2回ギャラリー粋ふよう賞展」はじまりました!

今日、月曜日から2週間にわたって受賞者・入賞者の作品を展示しております。
どうぞ見にいらしてくださいお待ちしております。

(作品の写真は難しいですね、ガラスが入っていると余計なものが写るんです。それで遠くから斜めにカメラを構えると、斜めになりますしね~。いい方法をお教えください。)

粋ふよう賞  
suifuyoushou1.jpg 
新人賞
DSC_1735.jpg DSC_1736.jpg
ぐるっとご覧ください。
DSC_1737.jpg DSC_1738.jpg
DSC_1739.jpg DSC_1740.jpg
DSC_1742.jpg DSC_1744.jpg
DSC_1748.jpg SANY0001.jpg

コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

とうとう雪が積もりましたね。

今朝の積雪、びっくりするほどではなくて一安心。
まだまだ車で用事がたせます、タイヤ交換まだですから。

DSC_1713.jpg

こんな寒い日は外はちょっと地下街の「500M美術館」などいかがでしょうか。地下鉄の通路、大通駅からバスセンター前駅までぶらぶら散策オススメです。「粋ふよう」でさ個展をしている、カトウタツヤも出品しております。札幌で活躍する、招待作家の大きな作品から若手の作家、学生さんなど、へーと思いながら楽しめます。

 (カトウタツヤ作品、バスセンター駅の入り口近くです)
DSC_1698.jpg DSC_1694.jpg
DSC_1699.jpg DSC_1693.jpg
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

「第2回粋ふよう賞展」 審査結果発表

小さなギャラリーの昨年に続く2回目の公募展ですが、第一回よりも多くの方に応募していただくことができました。立派なそして素敵な作品を作成し応募していただいた皆様ありがとうございました。

11月5日、審査委員長の松浦章博先生の審査が終了しました。ここに審査結果を発表いたします。今後ともそれぞれも目標に向かって研鑽されますよう祈念いたします。そして、来年の「粋ふよう賞展」でまたお目にかかれることを願っております。

◎粋ふよう賞 野島 大輝 「静物 Ⅱ」
◎新人賞   伊藤麻友子 「大倉山からの風景」
 新人賞   東田 恭祐 「ねり棒」
◎佳作賞   倉田 芳子 「ボトル」
 佳作賞   後藤 高子 「あかりのある部屋」
 佳作賞   杉澤 綾子 「卓上」
◎特別賞   加我 雅恵 「孤独の終り A」
 特別賞   加藤 妙子 「花瓶」
 特別賞   米森 久仁子「風景」
◎入選   荒金 水恵  石澤 雅子  遠藤 義子  尾形 香織
      加我 雅恵  加藤 妙子  倉田 芳子  小池 こずえ
      後藤 高子  今野 良子  佐久間 敏夫 島津 さき
      杉澤 綾子  田中 勇   東田 恭祐  野島 大輝
      本田 滋   丸子 敦子  三谷 三枝子 吉田 志麻
      米森 久仁子 若松 真由美

 
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

炭鉱の遺跡・美唄~アルテピアッツア美唄

三連休のなかび・・・午後から晴の予報
美唄炭鉱の遺跡群を見たくて出かけました。
旧炭鉱地区の小学校の敷地が安田侃の彫刻を多数常設した野外美術館で
ここは季節を変えて何度も訪れ楽しんでいます。

その奥に続く道路がどこに行くのか以前から気になっていました。
アルテピアッツア美唄を通り越して一路美唄ダムを目指します。
炭鉱メモリアル森林公園。炭鉱の往時の記憶ではないのでしょうが竪抗櫓とかポケット(貯炭のビルのようなもの)や朽ちた橋、トロッコのトンネルと思われるものなど、興味深く見て写真に写してきました。(26歳の息子に石炭のイメージはありません。どうやって火をつけるのか聞いていました、まさに遺跡なんですね。私も賑やかな時代の炭鉱を一度見てみたかったと思います)

SANY0042.jpg SANY0040.jpg
SANY0028.jpg
cafeにてほっと一息
SANY0053.jpg SANY0054.jpg
SANY0057.jpg
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145

このページの先頭へ

/管理者ページ/記事を書く/ログアウト