ホーム>ブログ

Search this blog.
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Category Tags
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Others
view as one | list | cloud

優しい表情の木版画展見てきました。

「岩切 裕子&古谷 博子」お二人による木版画展
HOKUBU記念絵画館 
 3月1日~6月16日 《開館日》木~日曜日
若いころの「カチッ」とした絵からだんだん「ふうわり」とやさしい表情に変わってきた様子が見ていて楽しい。絵の中に入り込んで散歩でもしたくなるような気持ちの良い絵でした。
6月16日までです、東京で活躍中の作家、お薦めします。
IMGP5702.jpg IMGP5705.jpg
IMGP5695.jpg IMGP5693.JPG
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

伝統工芸の技、「翻訳」すると・・・なるほど!

「ミセス」1月号の記事、「世界に羽ばたく用の美」を面白く読んだ。
京都の伝統工芸の若き後継者たち、西陣織、京金網、手作り茶筒、竹細工、京指物の「GO ON」というプロジェクトの話。
伝統工芸といえばため息が出るほど素敵だけど、私などにはとうてい手が出ないし第一伝統的な生活をしていない。と、つねづね思っているのですが、クリエーティブディレクターがデンマーク出身のトーマス・リッケさんという方で「僕の役割は日本の伝統をその文脈から切り離し、海外の文脈に翻訳すること」この言葉に素人ながらなるほど、いいなーと思ってしまった。
今、私たちもどちらかというと洋風な生活がメイン、このような考えで翻訳された工芸品にはきっと無理しても買って使いたい、また、こんな形で伝統工芸の技術が取り入れられたら最高にうれしいなと思ったしだい。
我が家、コーヒー豆にこだわっているこのごろ、ミセスに載っている写真のブリキのコーヒー缶、コーヒー豆用容器・Spoonつき。カッコよすぎる伝統工芸の「翻訳ものの作品」です。200グラム用が17325円、簡単には手が出ないけど、いつか自宅で使い込みたいとの願いをこめてしっかりここに書いておこう。
伝統工芸の技がもっともっと現代的になり、日常の生活に降りてきてくれたら楽しく、ここち良い生活になるでしょうね。
IMGP5690.jpg
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

「第一回粋ふようアート展」

「第一回粋ふようアート展」3月4日~3月16日
おかげさまで15名の作家さんのご応募を
いただきました。

☆ガラスの立体 ☆七宝の額 ☆コラージュ ☆日本画 
☆油彩画 ☆アクリル画 ☆水彩画 ☆アルミ板にアクリル 
アート展にピッタリの作品ばかり、展示作業がとても楽しみです。
多くのお客様に楽しくご覧いただけることと思います。
一部販売可能な作品もございますどうぞお楽しみに。

artDM.jpg (DMご希望の方にはお送りします)
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

カトウタツヤ個展=ドローイングから周辺へ=

2週間の個展も今日と明日になりました。
明日は何やらまた荒れそうな予報、外れるといいなと思いながら。
残りの展示風景です、お時間がありましたら是非ご覧ください。
IMGP5606.JPG この子はちょっと人気者
IMGP5607.JPG
IMGP5604.JPG
IMGP5603.JPG
日々のデッサンが100号と50号の絵の中に入り込んでいるようです
IMGP5595.JPG IMGP5600.JPG
コメント(0) * トラックバック(1) * Edit

春よ来い、早く来い!

なかなかにしぶとい今年の寒さ。
でも、玄関に取り込んだ花々はしっかりと春を感じていました。
緑と赤がとても力強い色で元気をもらえます。
風邪にはまだまだご用心を。  左クリック⇒拡大
IMGP5587.JPG IMGP5575.JPG
IMGP5583.JPG IMGP5566.JPG 
            高価な三つ葉の水栽培
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144

このページの先頭へ

/管理者ページ/記事を書く/ログアウト