ホーム>ブログ

Search this blog.
<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Category Tags
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Others
view as one | list | cloud

春の朗読会

 ☆朗読会のお知らせ☆
「人生の最初の思い出」
     パトリシア マクラクラン作 長田 弘 訳
「 木を植えた男 」 
     ジャン ジオノ作      寺岡 襄 訳 
  4月11日(水) 13:00~15:00
  朗読 かりん舎 つぼい けいこ 
 ※申込みは℡・メールで ・参加費1000円(ドリンク付)

 毎回好評の大人のための朗読会。
 耳からのお話、想像がひろがって楽しいです。
 ゆったりしたひと時をぜひご一緒に!!
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

陶房呑気のマグカップ

《新作入荷》陶房呑気さんのマグカップが到着。
カントリーテイストのモザイク模様がかわいい。
大きめのカップ、普通サイズとあります。
普段使いのマイカップ、そばに置いてお好きな飲み物をたっぷりとどうぞ。
★各、1700円
IMGP4665.JPG IMGP4667.JPG
IMGP4666.JPG IMGP4670.JPG
IMGP4668.JPG IMGP4669.JPG
☆2000円
IMGP4672.JPG
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

カップ作家・ケンタロウ

【新作入荷】ケンタロウさんのマグカップ到着
※一点物のマグカップとコーヒーカップが揃いました。
気になる新作どうぞ手にとってご覧ください!【地方発送も承ります】
 ☆マグ・5250円
ken6.JPG ken9.JPG
ken8.JPG 
 ☆モザイクcup・10500円
cup4.JPG cup6.JPG
cup7.JPG 
 ☆月虹cup・12600円
cup3.JPG cup5.JPG
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

「長尾淘太とエスプリの全景」見てきました

●3/1(木) ~6/17(日) 
「長尾淘太とエスプリの全景」パリを拠点に活動する長尾淘太の旧作から新作を展示
《HOKUBU記念絵画館 札幌市豊平区旭町1丁目1-36  
             TEL:011-822-0306》●

展覧会をみてきました。ワイン色を感じる背景、空、そしてぶどう畑、きっとフランスはこうなんだろうな~と。いつか本物の景色を見たいと感じました。
(ゆっくり、のんびり、見学できます。疲れたらふんわりとした椅子でひとやすみ。全体の雰囲気のご紹介、絵の前でじっくりご覧くださいね。)
IMGP4655.JPG IMGP4656.JPG
IMGP4659.JPG IMGP4657.JPG
IMGP4663.JPG美術館のステンドグラスもお洒落 
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit

小山登美夫ギャラリーを見に,清澄へ

今回どうしても行ってみたかったのが、わりと不便な隅田川沿いの倉庫地帯にあるというギャラリー。
「現代アートビジネス」小山登美夫 (アスキー新書)、この本を読んでから一度は行ってみたかった「小山登美夫ギャラリー」です。
本にもあるように「奈良、村上を世界に売り出した男とのキャッチフレーズがついて紹介されるギャラリスト」のギャラリーです。倉庫のビルの6、7階にいくつもの(7or8件)ギャラリーが集っていました。「まだまだアートとして確立していない現代アートをいっぺんに見てもらえる。ムーブメントとなる方法でコレクターにアピールする戦略」とのこと。本当に入り口が「う~ん?」倉庫。
入り口の案内用ボックス(小山ギャラリーが準備中のため無人)
kiyosumi7.jpg
矢印に沿って進むと、倉庫の前に大きな業務用エレベーターが2台。この使い方がまた素人には難しい。「降りてこないときはビービ―上の階の人が気づいてくれるまでおしつづけるんですよ」と後からきた常連さんらしい若者がおしえてくれた。
3枚扉の業務用エレベーター
kiyosumi6.jpg
 ※今回は展覧会ではなくて、ギャラリーを見たかった私。
「市川孝典 frozen」が興味深かった。何種類もの太さの線香の火で焼いて、焼け焦げの穴の大きさと濃淡で絵ができている。壁から浮かせて展示してあり立体的に見える不思議な面白い作品でした。
どのギャラリーも表示に統一感が
kiyosumi2.jpg kiyosumi8.jpg
kiyosumi1.jpg kiyosumi3.jpg
コメント(0) * トラックバック(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149

このページの先頭へ

/管理者ページ/記事を書く/ログアウト