写真を比べる・北大構内の雪の原

春が早い今年、今はすっかり花の話題です。
真冬の2月・晴れ渡った日、神秘的な雪原のように見えた北大の構内の写真を見比べてみました。透かして見ると白い世界がこんなに陰影に富んでいました。
群青色、薄い青、黒に見えるほどの青、キラキラした水色。この写真をかえって現像したときに撮ったままでは暗すぎる。
しかし、フォトショップで色の調整をするのですが、いまいち現像の限界が難しい。2枚セットに出してみましたが、この微妙な調節のどちらがいいのだろうか?好み?正しい答えはあるのか、ないのか、写真の判断にいつも迷っている私です。
★上の写真は自動コントラストに。
★下の写真はさらに少し明るくした。
_IGP1749

c_IGP1749

_IGP1795

f_IGP1795

h_IGP1800

h_IGP1800

_IGP1802

i_IGP1802

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA