名残の夏・・・8/24厚田へ

r_igp5017-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

r_igp5002-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
雨の日々の合間に厚田へ。8月も終わるころの久しぶりの青空。
これらの写真は拡大してみるとカメラのレンズのシミかゴミが点・・・といっぱい。
これはフォトショップの勉強に最適でした・・・トホホ。 “名残の夏・・・8/24厚田へ” の続きを読む

8月7日・午後からは33度の予報

8月7日、午後からは今夏最高の33度になるという。
涼しい午前中にカメラを持って「北大第二農場」へ。
※ここは重要文化財指定「札幌農学校第2農場」現存する模範家畜房(Model Barn)と穀物庫(Corn Barn)を中心として公開されています。
四季折々に風情があって楽しい撮影スポットです。 “8月7日・午後からは33度の予報” の続きを読む

今年のライラックはきれいでした・5/20

◆写真の整理はちょっと気合がいります。
せっかくの写真もアップはなぜか季節のあとどりです。
そういえば、5月20日の今年のライラック祭りの頃は最高のおてんきでした。
ライラックの房の小さな花びら一つ一つの何とも言えない美しさを
思い出し、楽しみながらブログにアップ。 “今年のライラックはきれいでした・5/20” の続きを読む

光の当たり方に集中して撮ってみました

さあ、「写真を撮りに出かけなくちゃ」と、写真を撮る方にはこんな気持ちが強いですよね。
ふと、写真、出かけなくてもいい写真は撮れるのでは?と、気がついた。
我が家の小さな庭の雑草たちにピントを合わせて楽しみました。

気が付いたら2時間くらいじっくりとクルクルと花の周りをまわっていた。
午前中の柔らかな日の光の中、大きな木蓮の葉の茂った隙間からなんと素敵な光がさしています。雑草のようにはびこった野放し状態の小さな花たちがきょうは主役です。
_IGP3787

“光の当たり方に集中して撮ってみました” の続きを読む

ご近所の丹精込めたチューリップ

今年のチューリップもおしまい。というところで、散歩道の珍しいチューリップがいっぱいのお花畑を撮らせていただきました。◆私は花を撮るときは全体よりも花の特徴に目が行きます。◆アップで撮るのがたのしいのです。◆花畑にあるときは前、後ろのボケや背景の色合に注意します。 “ご近所の丹精込めたチューリップ” の続きを読む

カラフルな饗宴・チューリップ

目にもあざやか、我が家のチューリップの競演。写真を撮る楽しみをくれます。
雨上がりの薄曇り、お花の撮影にはちょうど良いようです。
離れたり、近寄ったり300mmの望遠で撮るのがすきです。

_IGP3373
ポンと弾けそうです ●手前の花で前ボケを作ります

“カラフルな饗宴・チューリップ” の続きを読む

RAWで撮って現像を楽しむ

RAWの設定で撮ってフォトショップで、色温度、色かぶり補正、コントラスト、彩度など調節するとこんなにきれいに、またこんな面白い写真に変身しました。
もちろんこれは練習の為にやってみました。
白い花ををピンクや黄色の花にして、こんな花が咲きましたとは…ダメですよね!
アート作品して制作・発表という事なら別でしょうが。
どんな写真にしたいかが一番大事、練習中です。 “RAWで撮って現像を楽しむ” の続きを読む

画像の保存・RAWとJPGの違い

カメラの言葉は難しい。
今回はRAWとJPGで撮った写真の現像の違いに挑戦しました。
RAWで撮るということが理解できなくてず~っとJPGで撮るのが一番と思っていました。いままではフォトショップを使って自動コントラストで色の調整をしていました。
でも、少しずつカメラの言葉が理解できるようになると、RAWで撮ったほうが現像によって、思いどうりの写真にできそうなのです。 “画像の保存・RAWとJPGの違い” の続きを読む

写真を比べる・北大構内の雪の原

春が早い今年、今はすっかり花の話題です。
真冬の2月・晴れ渡った日、神秘的な雪原のように見えた北大の構内の写真を見比べてみました。透かして見ると白い世界がこんなに陰影に富んでいました。
群青色、薄い青、黒に見えるほどの青、キラキラした水色。この写真をかえって現像したときに撮ったままでは暗すぎる。
しかし、フォトショップで色の調整をするのですが、いまいち現像の限界が難しい。2枚セットに出してみましたが、この微妙な調節のどちらがいいのだろうか?好み?正しい答えはあるのか、ない “写真を比べる・北大構内の雪の原” の続きを読む

春を感じて・厚田まで①

ひな祭りも過ぎて雪の野原にも軟らかな日がさしています。
カメラの設定をモノトーンにして撮ってみました。手前の雪の原と日に輝く春の海。逆光なので雪の白は出ていません、質感は無理なのでしょうね。。さてどうしたものでしょうか?初心者の悩み、自分の写真がいいのか、悪いのか判断が難しい!

“春を感じて・厚田まで①” の続きを読む